言葉も音も無いけれど

同じ市町村出身の、あるフォト・ジャーナリストの方の写真を見る機会がありました。

その写真を見た瞬間引き込まれるのを感じました。
モノクロで言葉も音も無い1枚の写真は、1つの世界の様に多くを語っている様に感じました。

携帯にもカメラが付いていますし、デジカメを持っている方も多いと思います。

年齢性別問わず、多くの方が気軽に写真を楽しめる様になってきました。


何気なく撮った1枚が、後々思い出の詰まった物になる事もあるのではないかと思います。

アルバムの整理をしていて、もっと撮っておけば良かったと後悔した事があります。

当時は、写真よりも記憶にある思い出の方が重要で大切だと思っていたんです。

今は、写真でなければ留めておく事の出来ないものがあると思うので、撮る頻度が増えました。