忍者のお菓子は本当にこんなのか

お土産で「忍者の携帯食」なるお菓子をいただきました。
もちろんタイトルはこういうものではなかったのですが、包装紙の説明を読んでみるとそう書いてあったのです。

小麦粉を練って砂糖やゴマ・青海苔を混ぜたものを固く焼き上げたお菓子です。

昔はもちろん砂糖なんて入っていなかったでしょうね。
ものすごく固いので、専用の木槌みたいな道具がついています。


これで割って食べるということらしいです。

ひとつ試しにやってみると、固いのでカンカンとしばらく打ち続けないといけませんでした。

音も結構します。
忍者、スパイみたいな役割をしていたと思うのですが。

時代劇でもよく縁の下なんかに隠れてますよね。

ちょっとお腹がすいたからってこれを食べようとすると、
たちまち居場所がばれてしまうんじゃなかったかと少し心配になりました。